アメリカ

クスコツアー:コリカンチャ、プカプカラ、サクサイワマン

Pin
Send
Share
Send


窓の外を見ると、クスコの通りが濡れていることに気づきました。夜中に嵐が降り、私も聞いていませんでした。私たちは家のパティオで朝食に行き、そこでソニアは私がインド旅行で食べたものを思い出させるトマトオムレツを用意しました。まだ曇りで、とても涼しかったので、朝食を終える前にジャケットと帽子をかぶることにしました。

その朝、私たちはに行くことを考えていました チンチェロ、サンデーマーケットとインカ遺跡で知られる近くの町。私たちはクスコの丘の1つを徐々に下ってバス停まで行きましたが、そこに着いたとき、チンチェロに行けば時間に間に合う時間がないことに気付きました。 クスコシティツアー 私たちは前日雇いました。多分高山病は私たちにそれほど影響を与えなかったのかもしれませんが、私たちの脳は通常より少し遅かったです。そこで、私たちは市内中心部に戻ることにしました。道が下り坂である場合、必然的に帰り道は上り坂であり、それが3300 mの高さであることに気づいたときです。そしてそれは示しています!私たちは10ステップごとに酸素がほとんどなかったので、あちこちでやめなければなりませんでした。

クスコ通り

現在、インカの時代のように、 クスコの中心はプラザデアルマス。この場所は ワカイパタ オリジナル、インカの街の神経の中心地、これはスペイン人の到着後は非常にわずかでしたが、周辺の建物は植民地時代の建築物に置き換えられました。最も明らかな例は イエス協会の教会、プラザの南東端、 大聖堂、以前立っていた場所で上昇します インカビラコチャの宮殿。大聖堂に入るためにあなたは支払う必要があるので、その日はしないことに決めました。 2つの建物は、土産物店、旅行代理店、バー、レストランを収容する2階建ての柱廊下の建物に囲まれています。 1532年からペルーの征服を率いたピサロはトルヒーリョの出身であったため、プラザデアルマスデクスコは、 トルヒーリョ中央広場.

クスコのプラザデアルマス

シティツアーは午後2時に始まりました。クスコの中心部には、観光メニューのある多くのレストランがあります。多かれ少なかれ、すべて同じ価格と同じメニューのメニューがあります。私たちは パプリカレストラン そして私たちは食べました とうもろこし、マッシュルームスープ、グリルドトラウト、 ソテーした(アルパカ)ロース。アルパカのロース肉はとても良く、肉は子牛に似た食感を持ち、脂肪やコレステロールがほとんどないのでとても健康的であると説明しました。

アルパカロースのソテー

指定された時間に、私たちはクスコを介してシティツアーを雇った代理店に現れ、バスがアルマス広場に入ることを禁止しているため、マネージャーの1人が隣接する広場に連れて行ってくれました。私たちは訪問の最初のストップを コリカンチャ、古代の太陽の寺院であり、インカ帝国の最も重要で豊かな礼拝所の1つです。その上に構築された サントドミンゴ修道院。元の寺院の壁は修道院の基盤として機能していましたが、1950年の地震後に発見されました。インカの時代、寺院は金で覆われ、儀式さらに、コリカンチャは天文学の中心地でした。 コリカンチャの入り口には10足の靴底が必要です、次の停留所で購入した多くの関心のあるセンターの共同チケットであるツーリストチケットには含まれていないためです。


タンボマチャイ 高さ3700メートルを超え、クスコの郊外にあります。そこにあるソースの一つは 永遠の若さの泉。私たちは不死身よりもアメーバを捕まえる可能性が高いため、私たちはそれから飲まなかった。この伝説は完全に真実ではありませんが、知られていることはタンボマチャイで水の崇拝の儀式が祝われたということです。

Pin
Send
Share
Send