アジア

大阪への訪問

Vkontakte
Pinterest




道頓堀のネオンが運河に映っています。

松山を急行列車で大阪方面に出発します。友人のメグミと彼女のボーイフレンドのダイキと一緒に泊まりました。私は2年前にトロントで勉強していたときにめぐみに会いました。彼女は名古屋に住んでいたので、私たちは大阪に留まることを決めました。 。急行列車は四国沿岸全体に沿って走り、九州本島の岡山にいくつかの小さな島々を結ぶいくつかのそびえ立つ橋を渡ります。そこで、大阪に行く新幹線を変更する必要がありました(合計で約4時間かかりました)。

背景の日立タワー

新大阪駅(新幹線の駅)でメグミが私たちを待っていたので、日本鉄道パスで完璧に移動できるので、すでに持っていたので買った1日の地下鉄パス(850円)を買いました市内のローカル線で。

日立タワー周辺のレストランの詳細。

最初に立ち寄ったのは、日立タワーを訪れることでした。タワーは非常にく、元々はArc旋門とエッフェル塔の混合物によって形成されていました。エッフェル塔は戦争によって解体され、後に金銭的貢献により大阪人によって再建されました。塔に登る唯一の恵み(600円)は、ビリーケンと呼ばれる木彫りの足に触れることができることです。この小さな神は、1908年にアメリカの芸術家によって夢を見た後に作られました。熱意は、貧しい人々があまりにも多くのタッピングで足をすり減らしたほどです。

ビリーケンの足を見て、指を刺すことができます!

日立タワーのエリアは、主にフグ(フグ)を中心としたレストランでいっぱいです。フグは非常に典型的な大阪の珍味です。十分に調理されていない場合、ダイナーは中毒になり、死に至る可能性があるため、食べるのは非常に高価で非常に危険です。それが料理をするタイトルを持つシェフがほとんどいない理由です。このエリアはとてもにぎやかで活気があり、私は個人的にとても気に入っています。

Vkontakte
Pinterest