アジア

京都で桜や花見をする5つの場所

Vkontakte
Pinterest




2017年4月に、私の夢の1つを実現できました。 日本への旅行 楽しむために はなみ 京都で 花見(花見) 日本語では「花を見ている」という意味です さくら この時、日本人はお寺や公園に行って桜を熟考します(さくら)お祭りの雰囲気。桜は日本の国木であり、全国に植えられています。ただし、特別な場所がある場合 日本 どこで楽しむか さくら にある 京都。この記事では、最も気に入った場所を説明します を参照してください 京都の花見.

1.哲学の道(哲学の道/哲学の道)

間違いなく 哲学者の散歩 京都で花見をする最も美しい場所の一つです。哲学者の散歩は、両側に数百本の桜の木がある運河に沿って走る道です。彼らが咲くとき、バラの花びらは散歩に沿って美しい自然な天蓋を作成します。名前は、彼が教えた京都大学で働きに行ったときに毎日歩いていた有名な哲学者西田北郎に由来しています。

トレイルは約2キロメートルの長さで、 銀閣寺 (銀の寺院)と寺院で終わる 南禅寺。しかし、私たちは 熊野薬王寺。花見で最も人気のあるポイントの1つであるため、大勢の観光客を伴わずに早朝に楽しむことができました。朝の7時、私たちはすでにそこにいました。当時は人がほとんどいなかったので、その美しさを落ち着いた静けさで賞賛することができました。

2.岡崎チャンネル

岡崎チャンネル 彼はB湖から水を運ぶ責任があります 彦根城)京都へ。運河の隣には何百本もの桜の木が植えられており、花見の際に非常に特別な場所になります。私たちは近くの橋から訪問を開始します 平安神宮 (平安神宮)そして私たちは 南禅寺の水道橋。 花見の間、朝の8時から午後の20時30分まで運河でボートツアーに参加できます。料金は1200円です。

3. Keage Incline

岡崎チャンネルを続けて到着します 蹴上インクライン、運河をつないだ古い列車の線路。古い道路の横には何百本もの桜の木が植えられており、カップルに非常に人気があることに加えて、京都で最も特別で異なる写真の飛び地の1つです。

Vkontakte
Pinterest