アジア

日本への旅:金沢での桜の日

Vkontakte
Pinterest




の新しいアカウント 花見での18日間の日本旅行。その日を訪れた後 彦根城 私たちは電車で美しい街へ 金沢、3泊2日間を過ごします。

金沢 それはの小さな町です 日本、石川県の首都、本州島のほぼ北海岸に位置し、 京都 東京のそれ。 金沢 当時の多くの遺産を保存していることで有名です mura 国の、それで私たちは私たちにそれを含める 日本のsa城ルート。だからここに行く 素晴らしい2日間 お城や武家屋を見たり、桜を見たり、他の興味深い訪問をしたりしました。たった2日間でしたが、私たちはこの小さな町に恋をしました 日本。ここでは、宿泊施設から訪問やレストランに至るまで、すべての料金が含まれています。

金沢駅

到着する 金沢 電車で、非常に良い一日を過ごした後 彦根。しばらくして、タクシーは私たちを近所に残しました 東茶屋、市内中心部の北西にある浅野川の近く。荷物をゲストハウスに預けます 民宿銀松 そして、ホストに会いました。外は少し小雨でしたが、金沢は訪れる価値のある都市だと知っていたので、私たちは最大限の勇気を持っていました。私たちが見たかったアトラクションのリストは長かった:

  • 金沢城と兼六園
  • 武家屋敷街(長町)
  • 忍者寺(妙龍寺)
  • 芸者の近所(日茶屋と東茶屋)
  • 近江町市場
  • 歴史博物館と加賀本田博物館

しかし、すでに暗くなっていて夕食の時間だったので、すべては翌朝待たなければなりませんでした。そのため、通りに戻る前に、オーナーに近くのレストランについてアドバイスしてもらえないか尋ねました。ところで、彼らは地図をくれました。

銀松旅館畳の間

の近所 東茶屋 芸者が経営する茶屋がいくつかあることで有名で、狭い通りには観光客でいっぱいです。しかし、4月の日曜日の午後、私たちは傘を共有して通りを航行する唯一の人たちでした。地図にもかかわらず、私たちは少し迷子になりましたが、偶然に横断歩道に着きました。 志摩御茶屋。夜でも小雨が降っても、その通りは木製のファサードと暗い屋根で、昔の日本の魅力を保持しています。レストランの窓から少しの光が漏れ、その瞬間に、芸者のエレガントな芸術ショーを伴う家族やビジネスマンのグループが豪華なディナーを楽しんでいるのだろうかと思いました。

夜の東茶屋街

私たちは広場で見たレストランに入ることを決めました 自由拳。内部では、作りたての食べ物の温かさを受け取りました。とても小さいにも関わらず混雑していたので、私たちはコックの前のバーに座った。すぐに冷水と手拭きが提供されました。手紙を調べた後、「オメライス」に決めました。この典型的な日本料理は、薄い卵のオムレツに包まれたチャーハンで構成されています。私はまだそれを試したことがありませんでした...そして、私の母、なんと良いです。やや観光地にいるので、法案は通常よりもいくぶん高いですが、私たちは次の夜に戻ってきたのでとても幸せでした。

それから私たちはもう少し歩き、ついにゲストハウスの雨から避難しに行きました。そこで私たちはふとんに触れたらすぐに布団に落ちました。

オメライス

翌朝、エネルギーが回復したので、街を探索する準備をします。空はまだ曇っていて、雨が多いので、城と庭への訪問を延期し、より良い天気で翌日それらを見ることができるようにしました。代わりに、バスに乗ります«金沢ループバス»オレンジ色の線から市の反対側の端まで、 寺町寺エリア.

市内を横断して広小路駅(LL5)で下車します。そこで場所を見つけるのに少し時間がかかりましたが、ついに...「忍者寺」に到着しました!実際、日本語で愛称で呼ばれている「忍者寺」は、忍者寺ではなく、忍者です。彼の正式な名前は寺院です 妙龍寺。しかし、忍者寺のあだ名は、秘密のドアやtrapに満ちているため、指の輪のようなものです!

忍者寺への入り口

1643年に設立されました。 徳川将軍が 彼は封建領主に反抗し、新しい戦争を始めてほしくありませんでした。したがって、彼は領主が彼らの都市を強化することを禁止する法律を制定しました。しかし、一族 前田の武士 金沢で支配していた人が禁止を回避する方法を見つけました。彼らは都市の郊外にいくつかの仏教寺院を建設し、実際にそれらを高度な防衛ポストに変えた戦士に守られたホールを隠しました。そして妙龍寺もその一つです。

忍者寺の竹の噴水

寺院に到着すると、ガイド付きツアーでのみ寺院の内部を訪れることが許可されているため、訪問を予約する必要があることに気付きました。幸いなことに、左側のウィンドウで、1時間で始まる訪問にサインアップできました。ハーフタイムで、私たちはいくつかの道を下って近所に行きました 西茶屋 (東の茶屋)。そこには古代の典型的なファサードがまだいくつかあるため、絵のように美しい通りがあります。ここを歩いて、非常に小さな博物館に入ります。 西茶屋資料館。この博物館は茶室と再建された住居のスペースを占めています。入場は無料なので、入場します。博物館は近隣の歴史を少し説明し、組織されたガイド付きツアーの待ち合わせ場所として機能します。 2階は茶室の内部として配置され、スクリーン、楽器、扇風機、漆塗りの家具があります。

西茶屋周辺のアンティグアオチヤ

それから«に戻りました忍者寺»そして、私たちは他の訪問者グループと共に神殿に入りました。彼らは私たちを中央の祈りのエリアの特定の場所に座らせ、説明を最小限にとどめるために英語の情報シートを提供してくれました。紹介の後、グループはいくつかの小さなグループに細分化され、ガイドが神殿の内と外を見るように導きました。写真を撮ることができませんでした。 1時間ほどで、神殿の独創的なtrap、通路、秘密の扉を発見しました。とても楽しかったです。また、この寺院は、地下トンネルを介して都市の中心部にある城に接続されていたと言われていますが、まだ存在している場合、私たちはそれを見ることはできませんでした。

芸者西茶屋近所の通り

それから私達は都市の地図を見て、私達がかなり近くにいるのを見ました 長町町、私たちはそこに歩いた。サイ川を渡るとすぐに到着します。これは 旧武士街 まだいくつかの家と路地があります。金沢の武士の遺産は街の主要な魅力の1つであるため、真実はもっと大きなものを期待していたということです。とにかく、一見の価値があります。まずは家を見つける 新世記念館、商人に属していました。武士は商人を歓迎しませんでした。商人は農民と職人の下に社会階級を形成しました。それでも、17世紀に国が比較的平和に達したとき、この階級は多くのsaよりも繁栄するようになりました。この建物は1579年にオープンした漢方薬店の修復物で、最上階には伝統工芸品のいくつかのサンプルが見られます。前には金沢を支配した武家の前田博物館があります。

金町の古民家

しかし、私たちは金沢のすべての写真に現れる武家屋敷の路地に直接行きました。右側にある水路のある同じ通りを少し進んだところです。黄土色の壁があるこの石畳の通りは、少しジグザグになっています。誰も起こらなかったとしても、武士の家族とその召使いだけが旅をしたときの彼の時代がどうあるべきか想像できます。サムライマンションは通りの両側に並んでおり、屋根で覆われた土壁で区切られ、それぞれにかなりの木製の門があります。さらにモダンな家もありますが、それであなたを失望させないでください。

次の平行する通りにあるのは家 野村のmura家、前田のいくつかの高位の家臣。たった550円で入場でき、畳の部屋と庭を見ることができます。後でカナリーロの同じ通りに沿って、右側に表示されます 足柄資料館、馬に乗った武士の家よりも控えめな歩兵の家に捧げられました。 2つは保存されており、入場は無料です。お茶を飲んだ部屋、寝室、客室、庭のあるポーチを見ることができます。説明はたくさんありますが、すべて日本語です。それでも、玄関で「清水」という家が1990年までの封建時代から住んでいたと読むのは信じられないように思えた(!!!)。

Vkontakte
Pinterest