アジア

吉野山エクスカーション:3万本の桜の山

Vkontakte
Pinterest




奈良県 の間 紀伊半島の神聖なルート 春にポイントになる山があります 桜の巡礼。彼 吉野山または 吉野山は、7種類の3万本の桜の木を植えた神聖な山です。このユニークな飛び地に はなみ やった 日帰り旅行 京都から。でご参加ください 日本一の場所 花見を見るために: 吉野山.

京都から吉野山へ行く最良の方法は、電車の路線で 近鉄 (に含まれていません ジャパンレールパス)。経済的なバージョンの列車を選択しました。京都駅で通勤電車に乗ります K原神宮前 そしてそこに私たちは別の通勤電車に乗ります 吉野山 (1230円)。木曜日でしたが、列車はK原神宮前でいっぱいになり、吉野山まで歩いて1時間近くかかりました。

駅に着いたら 吉野山 誰もが電車を運転した。私たちは山の底にいました(下千本)そして最も高い部分に登らなければなりませんでした。そうするためにあなたはそれをすることができます バス、の領域にあなたを残す 仲千本、または ケーブルカー 中千本の下部にあなたを残します。両方とも360円かかります。バスに乗る路線は無限だったので、ケーブルカーを選びました。路線も非常に長かったが、より速くなっているようで、吉野山のパノラマを上から見るのも楽しみだった。

ケーブルカーを降りると、 仲千本 そして、大通りを登る時でした。斜面は非常に急で、土産物店やレストランが立ち並んでいた。すべての種類の食べ物や飲み物「さくら」の味を販売しました。さらに、吉野山のそのエリアは、2つの寺院をホストすることで有名です。 金pus仙寺 そして聖域 吉水.

金pus仙寺 吉野山で最も有名であり、この仏教の本部であるため、この地域だけでなく禁欲的な仏教でも最も重要なものの1つです。金pus仙寺は でぎょうじゃ、宗派の創造者 仏教の修験道。この宗派は自然と山を崇拝し、僧monは山や巡礼の道に沿って心と体を鍛えます。 熊野古道。金pus山寺の主要な構造は蔵王堂で、日本で最も高い建造物の1つです。 奈良の東大寺. 蔵王堂の中には像があります 蔵王権現、 奈良の神聖な山々を守る激しい青みがかった肌。蔵王権現は修験道の最も重要な神の1つであり、この像は1300年前のものであるため、それを見るための巨大な行列が予想されていました。

Vkontakte
Pinterest