ヨーロッパ

リスボンへの逃走、パート2

Vkontakte
Pinterest




次の日はたくさんの太陽で夜明けになり、私たちはリスボンでの2日目と最終日を利用したいという思いで出かけました。はじめに、ガイドがベレン周辺の朝食に連れて行きました。具体的には非常に有名なパン屋に行きました。何と呼ばれるのかわからないが、マルタピントと修道院を見下ろすプラタの間のベレン通りにあります。そして、白い文字で青い日除けがあります。人々は通りに並んで「クリームペースト」を買います。「クリームペースト」は、中に非常に良いクリームが入ったパイ生地です。しかし、良い経験は、テーブルに座って食べることです。ノンストップで作られているので、オーブンから新鮮な状態で提供されます(これらのケーキを販売する他の100のパティスリーとは異なります)。内部は巨大で、多くのテーブルがあります。また、カップケーキをグラスを通して生かすプロセスも見ることができます。とにかく、私たちはそこに座ってコーヒー、チョコレート、「パスティ」を飲みました。ポルトガルでコーヒーを注文するには、容器と牛乳の量に応じて多くの種類のコーヒーがあるため、少しの語彙を学ぶ必要があります。たとえば、「uma bica」は小さくて強いコーヒーカップ、「uma meia de leite」は50%のコーヒー/ミルク、「um garoto dark」はカット、「um galao」は短いミルクのコーヒー1杯ですコーヒーなど

この施設では、素晴らしいクリームケーキを味わうことができます

「pastéis」の呼び水をした後、私は壁に彼らが作るパスタのすべての異なるタイプの手紙があるのを見ました。他の400種類のタイプを試していないのは何と恥ずべきことです。

彼らはとても良いです

最後に、私たちはそこを去り、同じ通りに少し驚いていましたが、大統領の邸宅の前で、毎月第3日曜日にしか見られない警備員の交代がありました。

それから、チャイニーズ・チャノを「モステリオ・ドス・ジェロニモス」に行きましたが、多くの観光客が待ち行列に入っていたので、入りませんでした。代わりに、私たちは目の前にあるポルトガルのお土産スタンドを見て、公園を散歩しました。その後、奇妙なことが起こりました。有名なベレンの塔(リスボンの中心部から少し離れて川に触れると少し遠くなります)に着くために線路を通過したかったのですが、それを越えるステップはありませんでした。上または下にあるので、私たちは再び車に乗り、道路の反対側に到達するためにメガターンし、噴水の反対側の修道院の前に地下道があったことを恐怖と愚かな顔で発見しました。これは私たちに聞いていないために起こりました!

ベレンの塔

ベレンの塔は非常に象徴的であり、1515年に都市を守るために建てられ、当初はテージョ川の河口の中央にありましたが、現在は港の隣にあります。そこから、新しい土地を発見しようと試みた航海士たちが乗り出しました。私たちはしばらく写真を撮り、徐々に潮の満ち引き​​を見ていた。

Vkontakte
Pinterest